sodasinei:神話傳說英雄的異世界奇譚 第九卷隨意翻 第一章 無貌王篇

sodasinei 2020-09-19

sodasinei转载,原作者:璃雪瑛

 

グランツ大帝国の北方地域には多くの名家が存在する。

葛蘭茲大帝國的北方地區有許多名門存在。

                                                                       

中でも古いのはシャルム家、ヘイムダル家、ブロメル家──皇妃が生まれたことから、グランツ皇家と繋がりの深い三公家と呼ばれる名家である。

在這之中,最古老的夏論家、海姆達爾家和布羅梅魯家──許多皇后從這出生,這和葛蘭茲皇家的有深深關係的三大公爵家被稱為名門。

 

近年ではシャルム家の隆盛の陰に隠れてしまっているが、ヘイムダル家は北方の要である〝精霊壁〞の守護を長年務めており、現当主であるヘルメス.フォン.ヘイムダルは五大将軍の一人だ。その子供たちはセレネ第二皇子の双璧としてシャルム家を支えて家名を誇示している。

近年來,隱藏在夏論家的興盛背後,海姆達爾家長期以來,一直是北方關鍵的〝精靈壁〞守護者,現任當家荷魯梅斯.馮.海姆達爾是五大將軍的其中一人。這個家族的子孫們,和夏論家一起作為瑟雷涅第二皇子的雙璧誇耀著名聲。

 

残るブロメル家は二年前に先代当主が死去したことで混乱に見舞われたが、跡目を継いだ嫡男の手腕によって、現在はシャルム家以上の権勢を誇り始めている。

剩下的布羅梅魯家,在兩年前因前任當家死去造成一片混亂,但是在經過繼承家業的長子的整頓下,目前擁有足以自豪,比夏論家還要高的權勢。

 

ブロメル家の本拠地は《白銀城》から東に百セル(三百キロ)離れた場所にある。

布羅梅魯家的根據地,在白銀城以東一百塞爾(三百公里)處。

                      

名はログ──北方の大都市の一つとして栄えている。だが、近年のレベリング王国の栄耀に商人たちが惹かれたことで、ログの街は沈んだような暗い雰囲気に満ちていた。

名為洛谷──作為北方的大都市之一而蓬勃發展。但商人們被近幾年來雷貝林古王國的昌盛吸引,如今洛谷的街上滿是黑暗的沉重氛圍。

 

そんな中心に《ヒミンビョルグ城》が悠然と構えている。

在市中心的《海姆達爾城》依然悠然地佇立著。

 

敷地内では多くの兵士が訓練に励んでおり、戦時中かと見紛うほどに物々しい空気が漂っていた。城內もなた外と変わらず重装備の兵士たちが常に巡回している。

在城內,許多士兵在致力於訓練,氣氛嚴肅到足以讓人錯認為戰時。城堡內外皆有穿著重裝備的士兵經常巡邏。

 

中でも最も警備が厚い場所は、ブロメル家の当主の自室前なのだが──警備についている兵士たちの表情はどこか呆けており、死人のように瞳から光が失われていた。

在城中警備最為森嚴的場所,是布羅梅魯家當家的房間面前──但警備士兵的眼光卻不知在看哪,表情十分呆滯,目光像死者一般失去光芒。

 

そんな彼らが守る部屋には、得体の知れない連中が集まっていた。

在他們所守護的房間裡,來路不明的傢伙們聚集在一起。

 

机に置かれ燭台の灯りが風もないのに揺れる。四方の壁にいくつもの影が浮かび上がった。その数は七──誰もがフードを被っており素顔は見えない。

放在桌上的燭台,沒有風吹過燈火卻開始搖曳,四面牆壁上浮現了幾個影子。數量為七──每個人都戴著兜帽而看不清臉孔。

 

「我らが王、我らが主様、我らが父よ……お身体のほうはいかがですかな?」

「吾等之王,吾等之主,吾等之父親啊……請問貴體的狀況如何?」

 

一つの影が揺らめき声を発した。

其中一道身影一邊顫抖一邊出聲。

 

それは椅子で葡萄酒を嗜む男性に向けてのもの──その男は部屋に集まった者たちを一瞥すらせずに、窓から窺える月明かりを見つめている──ように思えたが、どこか遠い目をして遥か彼方を見据えていた。

那影子所面對的,是一位坐在椅上,啜飲葡萄酒的男性──那位男性一眼也不看聚集在房間裡的人,只是望著窗外的月光──原本是這麼認為的,但他不知道正注視著哪裡,凝視著遙遠的彼端。

 

彼の名はテュポエウス.フォン.ブロメル、先代当主が長寿であったことから齢六十七歳で公爵位を得た。遅咲きの公爵としてその名は有名であるが、それでも実物は三十前と見間違えるほどに若々しい容姿をしており、金髪金眼が威厳を醸し出すことで雄大な気配を身に纏っている。まるで獅子のように雄々しい雰囲気は部屋の空気を厳格に引き締めていた。

他的名字是堤波艾烏斯.馮.布羅梅魯,因為前代當家十分長壽,六十七歲時才獲得公爵的位置。他因為很晚才繼承公爵家位而聞名,儘管如此,本人卻擁有會讓人誤認為未滿三十歲的年輕容貌,金髮金瞳醞釀出威嚴,身纏著雄偉的氣場。彷彿像獅子一般,英勇的氣氛壓制著房間的氛圍。

 

「調子は良い──だが、他にも用意しておいたほうがいいかもしれんな」

「狀況還不錯──但其他準備呢?」

 

「では、残り物で試してみますか?」

「那麼,要用剩下的東西試試看嗎?」

 

「いや、あれは〝呪〞を溜め込みすぎている。我でさえ苦痛に感じるというのに──よくあれで生きていられたものだ。」

「不,那個積存太多『詛咒』了。就連我也會感到痛苦──真虧他還現在還活得好好的。」

 

註一:ヒミンビョルグ是北歐神話的光之神(破曉之神)

註二:テュポエウス徵求更好的譯名

 

sodasinei英雄世界
sodasinei转载,原作者:璃雪瑛   Prologue   この日は雲が一つもなかつた 這一天蒼穹萬里雲。   雨が降る兆しもなく、世界は湿り気を帯ぴて粘りついている。 不只是沒有降雨徵兆...
「東離劍遊紀」[東離] 殤殺浪凜暫CP頭尾同居現paro + 兩殤殺破車
?」 只見寡言大學生眉頭皺了一下,對他搖搖頭,沒再多什麼,又將視線轉回手上平板。愣愣地走到沙發旁,殤不患才識到自己自己問了個傻問題——畢竟家裡有個足不出戶尼特。 著自己想起這點,千篇一律惹...
「東離劍遊紀」[東離][殤殺] 四則短篇
原作者:食頭記   ※四則沒頭沒尾沒義沒特別有題名腦短文,時間軸不明,大概是某個兩人一起旅行if世界線也不定,只是想寫兩個人...就只是這樣 ( 不然我是很想當成自己在寫<...
「文豪与炼金术师」[文アル][藤秋] 流れとよどみ
著……」也不知是有意或完後便側了身微微地彎著腰撇著頭,將臉硬是湊到秋聲面前,朝著墨色瞳直直地看:「回過頭居然就開始笑了。是我怎麼了嗎……?」   有種被殺得措手不及感覺。唐突地被近距離直視...
[佐賀偶像是][巽櫻] 如何放下 #巽幸太郎 #幸櫻
來她桌上被擺上了一只花瓶,他並不是主動進行這個舉動那一位同學,只是在原位恍了一直法鎮靜下來,愣愣地朝她座位方向盯著,多麼希望在那裡是笑靨爛漫她而不只是樸素花瓶。 相對於生前她色彩斑斕...
[スーダン2][日左右]美妙生活(下) 自然醒
原作者:食頭記   原本想寫個千字內日左右短文,結果回過來就超級爆字數而且還莫名變成了上一後續(原本只有要寫一而且原先也是想兩三千字內啊!!!),越來越裹腳布了怎麼辦...
「東離劍遊紀」[東離][聆牙中心] 仰望那份遙遠美麗 #浪巫謠 #聆牙
時此刻自己。 實際上浪巫謠卻很少開口對他些什麼。或許是因為他們之間並不需要任何言語,聆牙也能會到浪心思;又或許只是浪巫謠並不想出聲動搖這個世界。儘管樂師默默語彈奏自己便已是種喜樂,琵琶...
[FGO][キャスぐだ♂] 印記 #fate/grand order #汪咕噠
,不如若有什麼事要找忙碌御主那才是少見。 大抵就是到他房裡嘟噥個幾句諸如「該睡了」或是「房門記得鎖好」等等這類關緊要但總歸是善意關心;偶爾則是會真如其名像隻大狗朝著立香蹭個幾下討摸,或是倒...
張角,一個不依賴運氣英雄
多麼周全? 他準備了十餘年,以名義,徒眾數十萬,遍佈八州。 不僅如此,張角還給自己勢力進行了劃分,置三十六方。 更加讓人訝是,張角能讓中常侍封諝、徐奉為內應,中常侍是什麼人?毫疑問是皇帝...
「東離劍遊紀」[東離][殤殺] 垣根 1. boundary 前
。 「嗯……使用器物為劍……是叫劍解來著?如果是劍就好了。」多麼適合這傢伙呀。 當然實際上並不是施用了那種術法,更不可能會發生成仙什麼。一邊想著此類事情,他一邊挖掘著墳坑。還什...
[PH][雷布]Colorful Path
摸索到叉子便逕自吃了起來。他沒開口向雷姆些什麼,只是叼著叉子嘴含了一彎甜滋滋弧,而那隻再也映不出什麼卻仍舊美麗紅瞳伏得低低。   那之後兩人也沒有什麼其他,不過雷姆還是語地多弄了兩塊...
「文豪与炼金术师」[文アル][藤秋] 島崎藤村はかく語りき
(扶額) 就只是自我滿足自我完結寫了一個段落便發出,非常草率非常抱歉 因為社畜時間有限還有其他填坑補番規劃短期內大概不會再寫藤秋了(起碼在我消化至少兩款galgame之前),謝謝待在文...