sodasinei【翻译练习】萩原朔太郎「悲しい月夜」

sodasinei 2020-09-29

sodasinei转载,译者:末摘

 

悲伤的月夜

    萩原朔太郎

 

可憎之野犬,

正向腐臭码头上的月吠叫。

令灵魂侧耳倾听,

那是有着阴郁之声的,

黄毛丫头们在合唱着,

在合唱着,

于那昏暗码头的石墙之下。

 

总是,

为何我总是如此,

犬啊,

青白不幸的犬啊。

 

 

 

悲しい月夜

    萩原朔太郎

 

ぬすつと犬めが、

くさつた波止場の月に吠えてゐる。

たましひが耳をすますと、

陰気くさい声をして、

黄いろい娘たちが合唱してゐる、

合唱してゐる、

波止場のくらい石垣で。

 

いつも、

なぜおれはこれなんだ、

犬よ、

青白いふしあはせの犬よ。

sodasinei翻译练习月夜
, 看那生物所有的这一恳切之情绪, 明朗如花瓦斯般的月夜里, 啊,何等悲切、而惹人爱怜的蝶类之喧扰啊。       月夜        重たおほきな羽をばたばたて ああ なんとふ弱弱...
sodasinei翻译练习「さび人格」
的人格, 大声唤着尚未见过的友人, 我这卑屈而奇特的人格, 以乌鸦般难看的样子, 在凄凉无人的椅子角落颤抖着。   さび人格        さび人格が私の友を呼ぶ、 わが見知らぬ友よ...
sodasinei翻译练习「見らぬ犬」
       この見もらぬ犬が私のあとをつてくる、 みすぼら、後足でびつこをひてゐる不具(かたわ)の犬のかげだ。   ああ、わたはどこへ行くのか知らな、 わたのゆく道路の方角では...
sodasinei翻译练习「海鳥」
sodasinei转载,译者:末摘   海鸟        在深夜的远空中, 洋灯光亮洒落苍白一片, 悲伤地巡走于各家晒场, 或是在海岸徘徊, 听浊暗夜浪呼啸之声。   为淅淅沥沥的夜雨所...
sodasinei翻译练习「詩の翻訳につて」
sodasinei转载,译者:末摘   (将这篇置顶,为希望各位在读译文,尤其诗译时,能有所选择。有语言能力者,希望对一切文学,尤其诗歌,能尽量先读文。)     关于诗译 ...
sodasinei翻译练习「金魚」
       金魚のうろこは赤けれども その目のろのさびさ。 さくらの花はさきてほころべども かくばかり なげきの淵(ふち)に身をなげすてたる我のさ。...
sodasinei翻译练习「漂泊者の歌」
sodasinei转载,译者:末摘   漂泊者之歌        太阳自断崖上升起, 忧郁于天桥下低步。 在无尽遥远的天空彼方, 在延续的铁路栅栏之后, 寂寞的一影徘徊着。   你啊,漂泊...
sodasinei翻译练习「遺傳」
sodasinei转载,译者:末摘   遗传        住屋俯伏于地面, 如巨蛛般沉眠。 漆黑清冷的自然之中, 动物畏而颤抖, 为未知的梦魇所慑, 悲戚恐怯地吠着...
sodasinei翻译练习「雲雀の巣」
。 那处的脸阴沉下来只盯着地面。 地面之上春如忽地冒起的疱疹一般显现。   我怜爱地拾起了云雀之卵。       雲雀の巣        おれはよにも心を抱て故郷(ふるさと)の河を歩...
sodasinei翻译练习「うすやみ」
。       うすやみ        うすやみに光れる皿あり 皿の底に蟲かくれ居て啜り鳴く 晝はさびく居間にひそみて 鉛筆の心をけづるに疲れ 夜は酒場の椅子にもたれて 想ひにひたせる我が身の上こそ...
sodasinei翻译练习「蛇苺」
sodasinei转载,译者:末摘   蛇莓        实既已结 隐于草叶 其形亦小 其色亦红 不知其名 实既已结   仰望青空 遥遥远日 朗朗夏午漫逝 匿原野径道 郁郁而歌   魔呵...
sodasinei翻译练习「中原中也君の印象」
sodasinei转载,译者:末摘   (另附自译  中原中也「評論集 無からの抗争」)     中原中也君的印象     我常读中原君的诗,但与他的个人交情甚浅。我们前前后后...