sodasinei【翻译练习】北原白秋「からたちの花」

sodasinei 2020-09-30

sodasinei转载,译者:末摘

 

枸橘花

    北原白秋

 

枸橘花儿开了哟,

雪白雪白的花儿开了哟。

枸橘的刺好痛哟,

那是青绿青绿的针刺哟。

枸橘是田地的篱笆哟,

一直一直走过的小路哟。

枸橘到了秋天也会结果哟,

结出圆圆的圆圆的金色果实哟。

枸橘树旁我曾哭过哟,

大家大家都很温柔哟。

枸橘花儿开了哟,

雪白雪白的花儿开了哟。

 

 

 

 

からたちの花

    北原白秋

 

からたちの花が咲いたよ

白い白い花が咲いたよ

からたちのとげはいたいよ

靑い靑い針のとげだよ

からたちは畑の垣根よ

いつもいつもとほる道だよ

からたちも秋はみのるよ

まろいまろい金のたまだよ

からたちのそばで泣いたよ

みんなみんなやさしかつたよ

からたちの花が咲いたよ

白い白い花が咲いたよ

 

 

————————————————

因为我的家乡也盛产桔,近来桔子花开放,香气四溢,突然就想到了白秋的这首诗(童谣),于是有了这篇拙译。

sodasinei翻译练习】萩朔太郎「垣根」
sodasinei转载,译者:末摘   枸橘篱墙     萩朔太郎   枸橘篱墙之中, 传来喧闹女声, 飘来晚饭葱香, 灯亮起之时, 穿过枸橘篱墙的冷寂啊。       垣根     萩...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「干犯罪」
的高窗里, 沉浸于回忆的侦探阴沉着脸, 与发皆颤抖的寂寞女人相觑。       干犯罪     萩朔太郎   どこ犯人は逃走し? ああ、いく年もいく年もまへ、 ここに倒れ椅子があ...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「我れざるもは一切なり」
は一切なり いんぞ窮乏を忍ばざんや。 獨り橋を渡るも 灼きつく如く迫り 心みな非力怒に狂はんとす。 ああ我れざるもは一切なり いんぞ乞食如く羞爾として 道路に落るを乞ふべけんや...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「詩翻訳について」
国内外受到一致好评而被称作“佳译”,就越发痛感诗的翻译的不可能性。   对于「雲鐘は上野浅草」(成云,钟鸣上野,抑或浅草?)这句,曾经有人给出了这样的英译。   The clouds of...
sodasinei翻译练习による萩朔太郎『月に吠える』序文
生君之欢愉,而也即我之欢愉。   借此机会,便容我将此番赞叹之言赠予你吧。   大正六年一月十日 于葛饰 紫烟草舍     [1] 萩朔太郎「殺人事件」 [2] 萩朔太郎「竹」...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「小説家俳句」
造纸)   臘梅や雪うす枝け(腊梅透雪来,蓦现一枝)     “蝶舌”这句的关键着眼点在“似发条”上,其比喻之奇特与观察之仔细便是作者的得意之处吧,但从结果上看,也不过是只有这点机智,而...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「露風時代詩壇」
”,在西洋是象征派之后的事了,但在日本,其始于蒲原有明,到这里,则盛放出美。如此,日本的诗坛从星堇派的恋爱至上主义摇身一变,步入了官能享乐主义的时代。   另一方面,三木露风是一位属于新诗社...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「くさつ蛤」
蛤     萩朔太郎   半身は砂にうもれてゐて、 それで居てべろべろ舌を出して居る。 こ軟体動物上には、 砂利や潮(しほ)みづが、ざ、ざ、ざ、ざ流れてゐる、 ながれてゐる...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「ぎる彈くひと」
都會、 ま上を走る汽車、電車ぐひ、 それ音なくして過ぎゆくごとし、 わが愛ごときも永遠歩行をやめず、 ゆくもへるも、 やさしくなみだにうるみ、 ひとびと瞳は街路にとぢる。 あ...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「酒精中毒者死」
死     萩朔太郎   あふむきに死んでゐる酒精中毒者(よつぱひ)、 まつしろい腹へん、 えぬもが流れてゐる、 透明な青い血漿と、 ゆがんだ多角形心臓と、 腐つわ...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「父墓に詣でて」
。父亲啊。还请容允我的不幸!       父墓に詣でて     萩朔太郎   わが草木(さうもく)となん日に は知む敗亡 歴史を墓に刻むべき。 われは飢ゑりとこしへに 過失を人も許せ...
sodasinei翻译练习】萩朔太郎「青樹梢をあふぎて」
もとめる心は、なしい孤独長い長いつ後にきる、 それはなつしい、おほきな海やうな感情である。   道ばやせ地に生え青樹梢で、 つぽけな葉つぱがひと風にひるがへつてゐ。...