sodasinei【翻译练习】萩原朔太郎「狼」

sodasinei 2020-10-02

sodasinei转载,译者:末摘

 

    萩原朔太郎

 

看啊,

来了,

从远方疾行而至的银狼,

其毛皮间似有电光寄宿,

一心砺其尖牙,

从远方竟疾行而至。

啊,因着狼之到来,

我甚为哀惧,

我畏惧欲作钢铁撕裂此身之薄暮,

听啊,浅草寺钟鸣凄凄无止,

恍惚间,我畏惧起那畜牲的四肢,

因时常掩藏起恐惧,

无论何者皆不曾见此裸足,

而未可知我于都市竟怎度日,

甚是于这般老衰之身,

狼仍砺其尖牙奔来。

啊,我哀惧着,

于确而喧闹的都市,

畏惧着那骇人的、

疾行之狼的金属足音。

 

 

 

 

    萩原朔太郎

 

見よ

來る

遠くよりして疾行するものは銀の狼

その毛には電光を植ゑ

いちねん牙を研ぎ

遠くよりしも疾行す。

ああ狼のきたるにより

われはいたく怖れかなしむ

われはわれの肉身の裂かれ鋼鐵(はがね)となる薄暮をおそる

きけ淺草寺(せんさうじ)の鐘いんいんと鳴りやまず

そぞろにわれは畜生の肢體をおそる

怖れつねにかくるるにより

なんぴとも素足をみず

されば都にわれの過ぎ來し方を知らず

かくしもおとろへしけふの姿にも

狼は飢ゑ牙をとぎて來れるなり。

ああわれはおそれかなしむ

まことに混鬧の都にありて

すさまじき金屬の

疾行する狼の跫音(あのと)をおそる。

sodasinei翻译练习「遺傳」
sodasinei转载,译者:末摘   遗传        住屋俯伏于地面, 如巨蛛般沉眠。 漆黑清冷的自然之中, 动物畏而颤抖, 为未知的梦魇所慑, 悲戚恐怯地吠着...
sodasinei翻译练习「中原中也君の印象」
sodasinei转载,译者:末摘   (另附自译  中原中也「評論集 無からの抗争」)     中原中也君的印象     我常读中原君的诗,但与他的个人交情甚浅。我们前前后后...
sodasinei翻译练习「詩の翻訳について」
sodasinei转载,译者:末摘   (将这篇置顶,为希望各位在读译文,尤其诗译时,能有所选择。有语言能力者,希望对一切文学,尤其诗歌,能尽量先读文。)     关于诗译 ...
sodasinei翻译练习「家畜」
sodasinei转载,译者:末摘   家畜        辉月于夜空升起, 大地何其明亮。 小小的白羊们啊, 请静然、令人落泪地, 迈足进到屋顶下吧。       家畜     ...
sodasinei翻译练习「盆景」
sodasinei转载,译者:末摘   盆景        春夏流去,手作琥珀,  水盘[1]浸湿双目,  石染岚翠,  渐着忧愁,  看啊,山水深处,  有细瀑一流,  细瀑一流,  水...
sodasinei翻译练习「冬」
sodasinei转载,译者:末摘   冬        罪证于天际显现, 于积雪之上显现, 耀于枝梢, 若越深冬而烁, 所犯罪证亦现。   且视且眠, 生物于黢黑土壤中, 始将忏悔之家...
sodasinei翻译练习「猫」
sodasinei转载,译者:末摘   猫        两只漆黑的猫儿, 立于凄夜的屋顶, 忽地竖起的尾尖处, 弦般的新月朦胧着。 “哎呀,晚上好。” “哎呀,晚上好。” “呜、呜、呜...
sodasinei翻译练习「死」
sodasinei转载,译者:末摘     死        在注视之下,自那地底, 伸出奇异的手, 奇异的脚, 与那争强的脑袋, 诸位, 这家伙竟是, 何种的鹅呢。 在注视之下,自那地底...
sodasinei翻译练习「金魚」
sodasinei转载,译者:末摘   金鱼        金鱼虽有着红色的鳞, 眼睛却是寂寞的颜色。 虽樱花盛放, 却亦是如此, 掷身于慨叹之渊的我这悲哀呵。       金魚...
sodasinei翻译练习「竹」
sodasinei转载,译者:末摘   竹        直直地生于地面, 以尖细青绿之身态生于地面, 挺立过霜冻的冬日, 那绿叶向着泛光的晨间小径, 落泪, 落下泪来, 自那既已完成忏悔...
sodasinei翻译练习「天上縊死」
sodasinei转载,译者:末摘   天上缢死        向夜里闪耀着的松叶, 落下忏悔的泪滴, 向在夜里显得更白的, 天上之松挂起脖颈。 因恋慕天上之松, 以祈祷之姿垂吊于此...
sodasinei翻译练习「孤独」
sodasinei转载,译者:末摘   孤独        乡间发白的道旁, 疲累了的马以心, 注视着向阳处干瘪的草, 注视着那歪斜、悄悄萌生的, 微颤着的寂寞的草。   立于乡间寂寞的...