sodasinei【翻译练习】萩原朔太郎「くさつた蛤」

sodasinei 2020-10-02

sodasinei转载,译者:末摘

 

腐蛤

    萩原朔太郎

 

半身没入沙中,

濡濡伸出长舌。

在这软体动物的上部,

沙砾与潮水刷啦、刷啦、刷啦、刷啦地流淌而过,

流淌而过,

啊,如梦一般静寂地流淌而过。

 

在流去的沙与沙之间,

蛤的红舌时隐时现,

此蛤极是憔悴。

绵软的内脏似渐腐坏,

更于哀伤的夜晚,

躺在青白的海岸,

一声、一声、一声、一声地呼出腐坏的气息。

 

 

 

 

くさつた蛤

    萩原朔太郎

 

半身は砂のなかにうもれてゐて、

それで居てべろべろ舌を出して居る。

この軟体動物のあたまの上には、

砂利や潮(しほ)みづが、ざら、ざら、ざら、ざら流れてゐる、

ながれてゐる、

ああ夢のやうにしづかにもながれてゐる。

 

ながれてゆく砂と砂との隙間から、

蛤はまた舌べろをちらちらと赤くもえいづる、

この蛤は非常に憔悴(やつ)れてゐるのである。

みればぐにやぐにやした内臓がくさりかかつて居るらしい、

それゆゑ哀しげな晩かたになると、

青ざめた海岸に坐つてゐて、

ちら、ちら、ちら、ちらとくさつた息をするのですよ。

sodasinei翻译练习「ぎる彈ひと」
,  感受到目不能及的东京,  那无可言喻的遥远, 弹起吉他, 弹起吉他。       ぎる彈ひと        ぎる彈、 ぎる彈、 ひとりしおもへば、 そがれは音なあゆみ、 石...
sodasinei翻译练习「青空に飛び行
sodasinei转载,译者:末摘   飞向青空        他渴求着感情。 他如同风中扬帆远航之舟, 勿予他以追随, 勿近他而献媚, 便令他远行,直至那遥远白浪之上。 啊,他将归往之地...
sodasinei翻译练习びしい人格」
sodasinei转载,译者:末摘   寂寞的人格        寂寞的人格唤着我的友人, 尚未见过的朋友呵,请早些前来, 坐在这老旧的椅上,你我二人静静交谈吧, 静静度过不再会有悲伤,只...
sodasinei翻译练习「我れの持ざるものは一切なり」
sodasinei转载,译者:末摘   此身不余一物        此身不余一物, 奈何难耐穷乏。 独渡孤桥, 焦心若灼, 欲狂于无力之怒。 呜呼,此身不余一物, 奈何沦若乞者, 羞而乞食...
sodasinei翻译练习「詩の翻訳にいて」
sodasinei转载,译者:末摘   (将这篇置顶,为希望各位在读译文,尤其诗译时,能有所选择。有语言能力者,希望对一切文学,尤其诗歌,能尽量先读文。)     关于诗译 ...
sodasinei翻译练习「ふりとし人柄」
sodasinei转载,译者:末摘   柔软的性情          在我所知的范围内,北氏是给我留下印象最好的人。用一句话概括他给人的感觉,就是“性情柔软”吧。像我这样性格急躁的人...
sodasinei翻译练习「遺傳」
sodasinei转载,译者:末摘   遗传        住屋俯伏于地面, 如巨蛛般沉眠。 漆黑清冷的自然之中, 动物畏而颤抖, 为未知的梦魇所慑, 悲戚恐怯地吠着...
sodasinei翻译练习「干からび犯罪」
的高窗里, 沉浸于回忆的侦探阴沉着脸, 与发皆颤抖的寂寞女人相觑。       干からび犯罪        どこから犯人は逃走し? ああ、い年もい年もまへから、 ここに倒れ椅子があ...
sodasinei翻译练习「家畜」
sodasinei转载,译者:末摘   家畜        辉月于夜空升起, 大地何其明亮。 小小的白羊们啊, 请静然、令人落泪地, 迈足进到屋顶下吧。       家畜     ...
sodasinei翻译练习「猫」
。” “哎呀,这家的主人生了病。”     猫        まろけの猫が二疋、 なやましいよるの家根のうへで、 ぴんと尻尾のきから、 糸のやうなみかづきがかすんでゐる。 『おわあ...
sodasinei翻译练习「蛙の死」
露出了脸。       蛙の死          蛙が殺、  子供がまるて手をあげ、  みんないしよに、  かわゆらしい、  血だらけの手をあげ、  月が出、  丘の上に...
sodasinei翻译练习「孤独」
向阳处, 你竟在注视着何物呵, 震颤着的,我这孤独的灵魂。   自这满是尘埃的风景之脸上, 缓缓滑下了泪滴。         孤独        田舎の白ぽい道ばで、 かれ馬のこころが...