sodasinei【翻译练习】萩原朔太郎「ありあけ」

sodasinei 2020-10-02

sodasinei转载,译者:末摘

 

有明[1]

    萩原朔太郎

 

久疾病痛之终,

面颊布满蛛网,

其腰之下消散如影,

其腰之上生出竹林,

手已烂腐

身体全然毁坏,

啊,今日月亦升起,

拂晓之月自空升起,

微光譬如行灯,

畸形的白犬吠叫着。

黎明将近时,

于寂寞道中吠叫之犬啊。

 

 

 

ありあけ

    萩原朔太郎

 

ながい疾患のいたみから、

その顔はくもの巣だらけとなり、

腰からしたは影のやうに消えてしまひ、

腰からうへには藪が生え、

手が腐れ

身体(からだ)いちめんがじつにめちやくちやなり、

ああ、けふも月が出で、

有明の月が空に出で、

そのぼんぼりのやうなうすらあかりで、

畸形の白犬が吠えてゐる。

しののめちかく、

さみしい道路の方で吠える犬だよ。

 

[1] 指尚有残月的黎明。

sodasinei翻译练习「青樹の梢をふぎて」
之后降临, 那是令人眷怀的,如广阔大海般的感情。   在路旁贫瘠土地生长的青树之梢上, 小小的叶片正翩翩随风飘荡。       青樹の梢をふぎて        まづしい、さみしい町の裏通...
sodasinei翻译练习「我れの持たざるものは一切な
sodasinei转载,译者:末摘   此身不余一物        此身不余一物, 奈何难耐穷乏。 独渡孤桥, 焦心若灼, 欲狂于无力之怒。 呜呼,此身不余一物, 奈何沦若乞者, 羞而乞食...
sodasinei翻译练习「虚無の鴉」
sodasinei转载,译者:末摘   虚无之鸦        我本虚无之鸦, 于冬至彼高屋脊处张喙, 如若风标而欲咆号。 不辨四季轮转, 此身亦不余一物。     虚無の鴉     ...
sodasinei翻译练习「螢狩」
捕到一只, 自我打磨过的手上捕到一只, 在遥远夜色里捕萤一只。   螢狩        愛妹(いもうと)のえくびから一疋、 瘋癲病院の窓から一疋、 血(ち)ゑんのつかなから一疋、 いえ...
sodasinei翻译练习「うすやみ」
。       うすやみ        うすやみに光れる皿 皿の底に蟲かくれ居て啜鳴く 晝はさびしく居間にひそみて 鉛筆の心をづるに疲れ 夜は酒場の椅子にもたれて 想ひにひたせる我が身の上こそ悲...
sodasinei翻译练习「眺望」
sodasinei转载,译者:末摘   (2.14 &室生犀星 历史初见日)   眺望 ——作为旅行之纪念,赠室生犀星        楚楚的高原, 友人啊,于此高处临望吧。 思索...
sodasinei翻译练习「笛」
, 悲哀者至诚地, 展露出忏悔之姿。   笛之仙籁响彻天际。       笛        ふげば高き松が枝に琴か鳴らす、 をゆびに紅をさしぐみて、 ふくめる琴をかきならす、  かき鳴ら...
sodasinei翻译练习「海鳥」
淋, 寂寞的心脏张开了嘴, 啊,那只海鸟竟已飞去何处? 翱翔于命运的暗夜, 啄食夜浪所秽之腐肉而欲深深泣鸣, 啊,远翔且无归。       海鳥        る夜ふの遠い空に 洋燈の...
sodasinei翻译练习「蛙よ」
sodasinei转载,译者:末摘   蛙啊          蛙啊,  于长有绿色芒草与芦苇的水中,  蛙鼓起雪白的肚皮,  在雨不断落下的黄昏中,  呱、呱、呱、呱地叫着。    猛击...
sodasinei翻译练习「五月の貴公子」
sodasinei转载,译者:末摘   五月的贵公子        在嫩草上行走之时, 我便留下白色的鞋印, 细长手杖的银部为草所蹭, 将手套揉作一团向空掷去, 啊,断然斩去一切忧愁, 我...
sodasinei翻译练习「閑雅な食慾」
sodasinei转载,译者:末摘   闲雅的食欲        行于松林之中, 见有气氛明快的咖啡店一间。 远远偏离街市, 甚无来访之人, 是地处林间、而隐匿起的,追忆之梦中的咖啡店...
sodasinei翻译练习「猫柳」
彷徨,那是墓场的柔美歌声。         猫柳        つめたく青ざめた顏のうへに 高くにほふ優美の月をうかべてゐます 月のはづかしい面影 やさしい言葉でなたの死骸に話しかる...