sodasinei【翻译练习】萩原朔太郎「干からびた犯罪」

sodasinei 2020-10-03

sodasinei转载,译者:末摘

 

干瘪的犯罪

    萩原朔太郎

 

犯人自何处逃离?

啊,自许多许多年前起,

此处便有倒下之椅,

此处便有凶器,

此处便有尸体,

此处便有血迹,

而在五月青黑的高窗里,

沉浸于回忆的侦探阴沉着脸,

与发皆颤抖的寂寞女人相觑。

 

 

 

干からびた犯罪

    萩原朔太郎

 

どこから犯人は逃走した?

ああ、いく年もいく年もまへから、

ここに倒れた椅子がある、

ここに兇器がある、

ここに屍体がある、

ここに血がある、

さうして青ざめた五月の高窓にも、

おもひにしづんだ探偵のくらい顔と、

さびしい女の髪の毛とがふるへて居る。

sodasinei翻译练习ちの垣根」
sodasinei转载,译者:末摘   枸橘篱墙        枸橘篱墙之中, 传来喧闹女声, 飘来晚饭葱香, 灯亮起之时, 穿过枸橘篱墙的冷寂啊。       ちの垣根     ...
sodasinei翻译练习「青空に飛行く」
归至那遥不可及的白浪海上, 他亦有着他的幸福。 啊,便如此,一只鸟儿飞向青空。       青空に飛行く        れは感情に飢ゑてゐる。 れは風に帆をあげて行く舟のやうなものだ...
sodasinei翻译练习「さしい人格」
的人格, 大声唤着尚未见过的友人, 我这卑屈而奇特的人格, 以乌鸦般难看的样子, 在凄凉无人的椅子角落颤抖着。   さしい人格        さしい人格が私の友を呼ぶ、 わが見知ぬ友よ...
sodasinei翻译练习「我れ何所へ行ん」
sodasinei转载,译者:末摘   此身当何往        情绪阿, 注视那长久的忧郁之流, 我这眺望亦过显寂寞, 业已一日又黄昏, 为人生这拖长了影的厌生哲学启页, 啊,恰生芽的...
sodasinei翻译练习「見しぬ犬」
       この見もしぬ犬が私のあとをついてくる、 みすぼしい、後足でつこをひいてゐる不具(わ)の犬のげだ。   ああ、わしはどこへ行くのない、 わしのゆく道路の方角では...
sodasinei翻译练习「ぎる彈くひと」
sodasinei转载,译者:末摘   弹吉他的人        弹起吉他, 弹起吉他, 独自思索, 黄昏悄然行至, 石造之都会, 及其上奔驰之火车、电车一类, 似其声消渐远, 我之爱亦永...
sodasinei翻译练习「遺傳」
sodasinei转载,译者:末摘   遗传        住屋俯伏于地面, 如巨蛛般沉眠。 漆黑清冷的自然之中, 动物畏而颤抖, 为未知的梦魇所慑, 悲戚恐怯地吠着...
sodasinei翻译练习「詩の翻訳について」
sodasinei转载,译者:末摘   (将这篇置顶,为希望各位在读译文,尤其诗译时,能有所选择。有语言能力者,希望对一切文学,尤其诗歌,能尽量先读文。)     关于诗译 ...
sodasinei翻译练习「くさつ蛤」
蛤        半身は砂のなにうもれてゐて、 それで居てべろべろ舌を出して居る。 この軟体動物のあまの上には、 砂利や潮(しほ)みづが、ざ、ざ、ざ、ざ流れてゐる、 ながれてゐる...
sodasinei翻译练习「我れの持ざるものは一切なり」
sodasinei转载,译者:末摘   此身不余一物        此身不余一物, 奈何难耐穷乏。 独渡孤桥, 焦心若灼, 欲狂于无力之怒。 呜呼,此身不余一物, 奈何沦若乞者, 羞而乞食...
sodasinei翻译练习「雲雀の巣」
sodasinei转载,译者:末摘   云雀之巢        我抱持着极尽悲伤之心走过故乡的河滩。 河滩之上,有繁缕、问荆之类,水芹、荠菜、堇亦蓬勃生长。 那低矮的沙丘影中利根川流过。如...
sodasinei翻译练习「金魚」
       金魚のうろこは赤けれども その目のいろのさしさ。 さくの花はさきてほころべども くばり なげきの淵(ふち)に身をなげすてる我の悲しさ。...